7月 192019
 

久しぶりの投稿
我が家の防犯カメラがとらえたハクビシンの画

夜中の1時過ぎ、向かいの家からこちらにやって来て門柱を登りさらに隣の石垣を登ろうとしていた。

はじめは猫だと思っていたがよく見るとハクビシン(白鼻芯)。その名の通り鼻から頭にかけて白い筋模様が特徴。ジャコウネコ科ということだが、普通の猫の顔とは全く違う。タヌキかイタチにも似ているかも。

画像のハクビシンは頭の先から尻尾の先までだと1メートルは優に超えていると思われる。尻尾は結構長い。胴も大きめの猫はありそう。
動きは映像を見る限りゆっくりと動いていた。追いかけられれば俊敏かもしれないが、ゆっくりやって来てよちよち登っていた

深夜にはこんな奴がウロウロしているんだねぇ

以前アライグマも出入りしていたが最近は防犯カメラには映っていない。最近はハクビシンとイノシシ、猫ばかり

森、岡本地区ではイノシシはよく見る光景。夜中の1時~3時あたりに見てとれることが多い。早い時間では午後7時頃に見かけることもある